診療案内 代表的な疾患についてご説明致します

診療内容

アトピー性皮膚炎
肘、膝の内側など、比較的汗のたまりやすく刺激をうけやすい部位にかゆみを伴う発疹としてはじまり、慢性的に経過する皮膚疾患です。発症には遺伝的要因がベースにあり、それに皮膚の状態(乾燥、バリア機能の低下など)、外的刺激(発汗、ストレス、感染など)が加わっておこると考えられています。皮膚の乾燥、バリア機能の低下により、いろんな物質(抗原)が入りやすくなり、そこで抗原・抗体反応(アレルギー)が起こり、さらにかゆくなります。日頃から皮膚の保湿と清潔を心がけましょう。重症になることもしばしばです。早めの治療が大切です。当院では、プロアクティブ療法を含めたその人に合わせた治療を行っています。

蕁麻疹(じんましん)
真皮上層(皮膚の浅いところ)の一過性の毛細血管拡張と浮腫(むくみ)で、赤く盛り上がってきます。30分(長くても2時間)ほどで跡形もなく消退します。全身のあちこちに出没を繰り返します。ほとんどが体調(睡眠不足、疲労、ストレスなど)によることが多く、ときにアレルギーが関与していることもあります。1ヶ月以上続く場合は治療が長期にわたることもしばしばです。

湿疹(しっしん)
湿疹とは、外的刺激に対する皮膚の防御反応の表現型で、アトピー性皮膚炎、脂漏性湿疹、貨幣状湿疹、おむつ部皮膚炎、口囲湿疹など、いろんな疾患があります。一般的にかゆみを伴い、慢性化すると治りにくく厄介です。早めの治療をお勧めします。

にきび
皮脂は皮脂腺から分泌され、毛穴を通って皮膚の表面を覆い、肌を健康な状態に保っています。古い角質が毛穴に詰まったり、睡眠不足・ストレスなどで男性ホルモン(アンドロゲン)の分泌が増加すると、多量に分泌された皮脂が毛穴の中に溜まって面皰(コメド)を形成します。にきびの原因となるアクネ菌は皮脂をこのむため、面皰の中で増殖し、炎症を起こし、赤く盛り上がってきます。規則正しい生活、バランスの取れた食事、肌の清潔を心がけましょう。最近、多くの治療薬が使える様になり治療の幅が広がりました。当院では漢方を含めた治療を行っています。

イボ
ウイルス性、非ウイルス性、老人性などがあります。また、良性の小腫瘍などが一般的にイボとよばれることもあります。当院では、冷凍凝固、電気凝固療法で除去しております。足の裏に出来たイボを、魚の目、タコと自己判断されて来院される方も多いです。

水虫(足白癬)
白癬菌というカビの一種が、手・足の角質層に住みついて起こる皮膚真菌症の一つです。皮がはがれたり、水疱ができたり、かゆみがあるからといって、水虫とはかぎりません。自己判断せずに、医師の診断を受けましょう。

爪水虫(爪白癬)
白癬菌は爪の成分であるケラチンにも好んで侵入してきます。爪が肥厚したり、白く濁ったりしてきます。自覚症状がないので、爪白癬だと気づかない方も多いです。最近では良い治療法も開発されています。

乾癬(かんせん)
表皮細胞の生成が異常に亢進するために、次々と皮膚が剥がれ落ちてくる疾患です。剥がれ落ちた皮膚(角質)が厚く付着し、「カキ殻」状を呈してきます。遺伝的要因にストレス・感染などの因子が加わって発症すると考えられています。慢性的に経過するので、根気強い治療が必要です。

AGA(男性型脱毛症)
しみ
睫毛貧毛症
リップ
保険外診療にてAGA(男性型脱毛症)の内服薬(プロペシア、ザガーロ
しみの外用薬(ハイドロキノンクリーム
睫毛貧毛症の外用薬(グラッシュビスタ)の処方も行っております。
また、美容皮膚科で大人気のアンチエイジングリップ(LusciouLipsラシャスリップス)も取り扱っております。
シミ、ホクロ、イボへのレーザー治療も行っています。

青あざ
異所性蒙古斑
太田母斑など
異所性蒙古斑(もうこはん)は、お尻以外の場所にできている蒙古斑のことです。お尻の蒙古斑と比べて消えにくい傾向があります。レーザーによる治療が可能です。治療は保険適応となっています。
太田母斑は顔に出てくる青あざです。片側の特定の部位に出る傾向があります。生まれた時と思春期に出現します。肩に出現するものは伊藤母斑といいます。レーザーによる治療が可能です。治療は保険適応となっています。

熱傷(やけど)
皮膚が障害されている深さで4段階に分類されます。経過によっては、皮膚移植が必要になる場合もあります。また、低温やけどは、想像より深くなる傾向があります。安易に考えずに、医師の診察を受けましょう。

皮膚腫瘍(できもの)
皮膚には茶色や黒色など色を持つものや、しこりとして触れるものなど、いろいろな腫瘍が生じます。当院では、皮膚腫瘍の診断から治療(手術など)まで幅広く行っております。悪性腫瘍が疑われる場合は、積極的に検査を行っています。

眼瞼下垂
上まぶたがうまく上がらず、視野狭窄を生じる疾患です。また、頭痛、肩こりの原因になることもあります。手術での症状改善を目指します。原則、保険適応ですが、状態によっては適応とならない場合があります。

陥入爪、巻き爪
爪の切りすぎや靴が合わない、歩き方の癖などで爪の変形、痛みを生じます。多くは、足の親指に生じます。爪や皮膚の状態を確認し、治療法を提案します。

原発性腋窩多汗症(わきあせ)
脇に多量の汗をかく疾患で、日常生活に支障を生じます。重症の場合、当院ではボトックス注射を行っております。効果は6〜8ヶ月程持続します。